プロとしての意識

先日私の愛ボー ベスパちゃんのガソリンを入れに行ったときのお話しです

20代前半くらいと思われる男性が給油してくれることなりましたが、なんだかよそ見

いやな予感・・・

ベスパちゃんの給油口は国産にくらべて狭く、ギリギリまで入れると

ぷわーっ!

と吹き出すので

バイクに詳しい方はタオルを給油口の縁に巻いて、そっと給油してくれます

この男性は知らないようです

私から言った方がいいのか迷っているうちに

ぷわーっ!


ガソリンが~‼


オ~マイガ~!!

「すいません・・・」

小声であやまる男性

「あ、はい」

リアクションに困ります

何に怒っているのかわからないけど
腹立たしい‼

早めに言わなかった自分になのか
ガソリンをこぼしたのに小声でしかあやまらない男性になのか




言葉が見つからず、立ち尽くしていると
さっきの男性がレシートを持ってきました

¥777

ラッキーセブン!

こぼれた分だけ安くしてもらおうかと思ったんですが、運気をのがしてしまいそうだったので、支払いました・・・

プロとして、どんな状況でも仕事を全うしなければ、お客様に快くお金を払っていただけませんね

身にしみました

ちなみに自宅近くのGSのみなさんは

「あーこれは こぼれちゃうタイプだからゆっくりいれますね」

バイクを見た時点で言ってくれます


⬆自宅近くのGSです 手早く給油してくれます♪
尊敬です
見習って私もいい仕事します!

明日は夕方に少し空きがあります

ご予約はこちらへ
unsarto poi
03-3421-3202



かわつきたかよぶろぐ

unsartpoiスタイリストかわつきの日常 www.nepenji.net

0コメント

  • 1000 / 1000